平成30年度第2期「アレクサンダー・テクニーク講座 入門編・実践編」参加者募集のお知らせ

 あいホールでの講座がスタートして1年半が経ち、参加者の数は100人を超えました。多くの方にアレクサンダー・テクニークを学んでいただけたことを大変うれしく思っています。

参加してくださった方は、楽器、声楽、ダンスに関わる方、スポーツインストラクター、介護士など実に多彩です。

 アレクサンダー・テクニークの講座では、あなたがやりたいことをやるときに、最大限のパフォーマンスができるように「心と体の使い方」を学びます。

 コンサート本番前の緊張が、身体を固くしてしまったり、毎日やる動作なのにいつも痛みが伴うので大変な思いで家事をしていたり、大切なプレゼンなのにあがってしまってうまく言葉が出てこなかったり。こんな課題を解決し、よりよいパフォーマンス、充実した仕事や日常生活に向かうことができることを目指しています。

 緊張からくる力み(りきみ)をとるコツを覚えたら高い音も気持ちよく歌えるようになった、あるヨーガのポーズをとるときに感じる痛みがなくなった、速いテンポでも力が入らず演奏を続けることができた等の感想をいただきうれしく思っています。

 講座の入門編では、骨格や筋肉の話、緊張が体にどんな影響を与えているか、自分を観察するとはどういうことか等々を学びます。

 実践編では、参加者お一人お一人に対して、あなたのやりたいこと、こうなりたいという願いを明確にし、いま起きている心と体の動きを丁寧に観察しながら、解決したい課題に向き合っていきます。

 これからの人生に、「アレクサンダー・テクニーク」という新しい引き出しを一つ、加えてみてはいかがでしょうか。

 平成30年度第2期の受付が始まりました。

平成30年度~アレクサンダー・テクニーク秋~(9月~12月)