2018オーボエフェスティバル終了

5/12,13、愛知県東海市にある東海市芸術劇場にて、日本オーボエ協会主催「2018オーボエフェスティバル」が開催されました。

オーボエ協会主催による初めてのオーボエコンクール、海外から招聘された一流奏者の公開マスタークラスやコンサート、ダブルリードアンサンブルの競演、オーボエ史のパネルディスカッション、リードよろず相談室、楽器店・メーカーによる展示会など、ぎっしりと詰め込まれた今回のプログラムの中に、オーボエ人のためのアレクサンダー・テクニーク講座を設けてくださいました。

二日間で計5回の講座に、約50人強の方が参加!用意しておいたテキストを2度もコピー増刷するほど予想以上にご参加いただいたことは本当にうれしく思います。。

約20万年前、まだ人類が本能に頼りながら生きていく哺乳類として生きながらえていたころに、この身体は設計されました。その身体のデザインのままに、その後、手を使って精密な道具をつくったり、言葉によってコミュニケーションをしたりしながら、文明社会を形成していくことになりました。

本能のままに生きることがままならないことが多くなってくると、身体の中でさまざまなことが起こります。

例えば、今起きていることではないことを不安に思い続けること。

哺乳類動物としてならば、今、目の前にある危機のためにだけ身体が反応すればよいものを、演奏中に失敗してしまった過去のことをずっと悔やみ続けること、加えてこれからやってくる難関パッセージを切り抜けられるかどうか、そのことで頭がいっぱいになってしまう。こうなると、今その瞬間に演奏しているにも関わらず、そのことについて思いが及ばなくなってしまいます。

私が考えるアレクサンダー・テクニークとは、このミスマッチングを解決して、身体本来の姿で今の瞬間にやりたいことがやれるようになる、そんなメソッドです。

そのために、私が大事にしているのが、

①    頭と環椎(首の一番上の骨)の関係性

②    (観察、分析、プランニング、全体化、実験を繰り返す)意識的コントロール

③    「結果にこだわる」か「結果に至るまでの道程、やり方を大事にする」か

の3つです。

講座ではそんなことをお話しながら、時々みんなで音を出して観察してみることも行いました。

最後に、オーボエ100人ほどの大合奏。こんなにたくさんのオーボエが一斉になったらどんな音がするんだと戦々恐々でしたが、それはそれは澄み切った青空のように清々しいものでした。演奏終了後、講座に参加してくださった方々が「頭と環椎の関節のことを意識したら気持ちよく吹けた」、「呼吸がとても楽だったよ」など次々に声をかけてくれました。