平成30年度第2期「アレクサンダー・テクニーク講座 入門編・実践編」参加者募集のお知らせ

 あいホールでの講座がスタートして1年半が経ち、参加者の数は100人を超えました。多くの方にアレクサンダー・テクニークを学んでいただけたことを大変うれしく思っています。

参加してくださった方は、楽器、声楽、ダンスに関わる方、スポーツインストラクター、介護士など実に多彩です。

 アレクサンダー・テクニークの講座では、あなたがやりたいことをやるときに、最大限のパフォーマンスができるように「心と体の使い方」を学びます。

 コンサート本番前の緊張が、身体を固くしてしまったり、毎日やる動作なのにいつも痛みが伴うので大変な思いで家事をしていたり、大切なプレゼンなのにあがってしまってうまく言葉が出てこなかったり。こんな課題を解決し、よりよいパフォーマンス、充実した仕事や日常生活に向かうことができることを目指しています。

 緊張からくる力み(りきみ)をとるコツを覚えたら高い音も気持ちよく歌えるようになった、あるヨーガのポーズをとるときに感じる痛みがなくなった、速いテンポでも力が入らず演奏を続けることができた等の感想をいただきうれしく思っています。

 講座の入門編では、骨格や筋肉の話、緊張が体にどんな影響を与えているか、自分を観察するとはどういうことか等々を学びます。

 実践編では、参加者お一人お一人に対して、あなたのやりたいこと、こうなりたいという願いを明確にし、いま起きている心と体の動きを丁寧に観察しながら、解決したい課題に向き合っていきます。

 これからの人生に、「アレクサンダー・テクニーク」という新しい引き出しを一つ、加えてみてはいかがでしょうか。

 平成30年度第2期の受付が始まりました。

平成30年度~アレクサンダー・テクニーク秋~(9月~12月)

2018オーボエ・フェスティバルでアレクサンダー・テクニークを

日本オーボエ協会主催のフェスティバル。

今年は初めて関東圏を離れて、愛知県東海市で行われます。

全国大会ですから、日本の中心近くで行われるのは多くの人にとって便利なことですよね。

オーボエに関すること、音楽も楽器もリードもレッスンも、そして何といっても素敵な演奏が盛りだくさん!

そんな中で、オーボエ人のためのアレクサンダー・テクニーク講座をさせていただくことになりました。

両日で計4回開催の予定。

日頃オーボエを吹いているときに気になることがある方、アレクサンダー・テクニークに関心のある方、ぜひこの機会に体験してみませんか。

アレクサンダー・テクニーク@あいホール

今年度のアレクサンダー・テクニーク講座@あいホールが5月から始まります。

昨年度の様子や参加者(及び参加できなかった方)の要望(参加しやすい会費にしてほしい、開催日が少ない等)をお聞きして、カリキュラムを大幅に変更しました。

まず、入門編は1回(2,000円)のみ。ここで、アレクサンダー・テクニークについて概要をお伝えします。自分に必要かも、と思ったら実践編へ。

実践編は、3回が1セット(8,000円)。

あいホールのwebサイトをご覧いただければ一目瞭然ですが、開催日が怒涛のごとくに羅列されてます。都合のつく日時を選んでお越しください。

https://ai-hall.com/events/%E5%B9%B3%E6%88%9030%E5%B9%B4%E5%BA%A6%EF%BD%9E%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%98%A5%EF%BD%9E%EF%BC%885/

さくら咲く

 さて、昨年末から3月の間、音大受験生(声楽)のレッスンを行いました。

 内容は、イタリア歌曲、コンコーネ、新曲視唱、聴音…もちろん専門ではありませんから、どのようにアレクサンダー・テクニークを使うか、という視点からのレッスンです。

 足の位置、手の位置、歌い始めの発音やブレス、高音を出すためにやっていることなどを共に観察し、ご本人に頑張って言語化してもらい、そこから導き出された新たなプランを試してみる、そんなことを繰り返しました。

 昨日、愛知県にある県立の芸術大学に無事「合格」したとの嬉しい知らせが届きました。

 

あいホールでの入門講座第四期(1~3月)が終わりました。

 あいホールでの入門講座第四期(1~3月)が終わりました。受講生(スポーツインストラクター、DJ、社交ダンス、管楽器、弦楽器、シンガーソングライター、ヴォイストレーナー、子育てママなど)はご自分の「仕事」「趣味」「日常生活」での「よりよい身体の動き」や「緊張や不安の解消」を目指して、熱心に受講してくださいました。

 入門講座で必ず伝えていることは次の3点です。

    頭と脊椎の関係に意識をもつ

    意識的に身体をコントロールするための観察、分析、プランニング、実験

    結果にこだわりすぎず、そこに至るまでのやり方や道筋を楽しむこと

このことについては、後日一つずつじっくりとお話ししたいと思います。

 受講後のアンケートでは「今までの意識や練習方法が変わりました」「今後も継続して学んでいきたいと思います」などの感想をいただきました。

 

本番を終えて

さて、ブログがなかなか書けずにいましたが、昨日学年末の実技試験が終わり、やっとパソコンに向かうことができるようになりました。

演奏は、フェーリンクのエチュードから1ヶ月前に出される課題曲、マルティヌーのオーボエ協奏曲、そしてシルヴェストリーニの無伴奏の曲の3曲です。

エチュードはリズム、音程、ダイナミクス、アーティキュレーションなど、基本的な要素の正確さが要求されます。

マルティヌーの協奏曲は、試験ですから正確さはもちろんですが、音色、ヴィブラート、アゴーギクなどに変化をつけて、自分なりの表現をしなければなりません。

シルヴェストリーニの曲は、1980年代に書かれた現代曲であり、とにかく難曲で、しかも無伴奏ですから、最初から最後まで音に集中しなければなりません。

どこをとっても難しく、次々と押し寄せてくるハードルを越えなくてはなりませんが、気持ちよく跳び越えられるハードルもあれば、そうはいかなかったハードルもありました。

アレクサンダー・テクニークは、「常に今この時に自分がいる」という意識を持つレッスンを繰り返します。

演奏中に、うまく越えられなかったハードルをいつまでも引きずっていたり、これから来る高いハードルの不安を抱えたりすることなく、気持ちは淡々とその瞬間の音楽に向き合うことができるようになりました。

ステージから降りると、反省点が次々と浮かんできますが、落ち込むことなく、次のステップに向かって今日も吹き始めます。

アレクサンダー・テクニーク入門講座(1〜3月期)のお知らせ

浜松市の文化施設「あいホール(通称)」で行われるアレクサンダー・テクニーク入門講座の来年1〜3月期の募集のお知らせが「広報はままつ12月号(表紙は幼少の直政役、寺田心ちゃん)」に掲載されています。

この入門講座は、「アレクサンダー・テクニークって何?」、「自分には必要なものなのかな?」という方、「最近よく耳にするので、一度受けてみたい!」という方、「昔一度受けたことがあるけどそれっきり、でもなんか気になる」という方、つまりはこのメソッドの教師以外の方でしたら、どなたでも受けていただける講座です。

このメソッドは端的にいうと、自分の習慣化された(無意識な)動きを、再度よーく観察して、必要ならば新しい意識的な動きに変えていこうというものです。

腰が痛かったり、肩が凝りやすかったり、楽器の演奏でなかなか上手くいかないことがあったり、これらの多くは、実は自分自身の習慣的な動きに要因があることが多いのです。ですから、その動きを変えただけで痛みやコリがなくなったり、できないことができるようになったりします。

ただこのメソッドは即効性があるものではありません。どんな動きをしているかをじっくりと観察し、改善点があればそれを試してみて、うまくいけば採用、ダメだったら新しいやり方を模索する。新しいやり方を身につけるための時間もかかります。

これは一人でやるのはとても大変なこと、客観的に観察したり、新しい試みを思いつくのは至難です。ですからこのブログの「アレクサンダー・テクニークのお話その3、4」でお話しした通り、「時間」と「仲間」が必要になります。

そんなお話しから始まって、現代人の身体(心と体)の動きの仕組み、それぞれの動きをみんなで観察し合う、新しい動きのプランを考えてみるなんてことをやります。

どうぞお越しください。

櫻樹祭で出会った女の子に教えられたこと

上野学園大学の学園祭「櫻樹祭」が終わりました。

サークル「アレクサンダー・テクニーク研究会」の模擬店「特別ワンコインレッスン」には、予想をはるかに超える方がお越し下さり、開店前から閉店後まで、教師は休みを取る間もないほどの盛況ぶり。お越し下さった方々に感謝申し上げます。

最年少は小学校2年生の女の子。もみじほどの大きさの手で、とても見事にピアノ演奏を披露してくれました。本人も演奏後は満足した様子。

僕もとても感動しました。そのことをこの女の子にも伝え、笑顔がこぼれます。ところが、この新米アレクサンダー・テクニーク教師は、フォルテの表現を出したい時に、少しばかり首をすくめることに目が釘付けになっていました。「もしかしたら、もっといい演奏ができるかもしれないよ。」とアドヴァイス。そのアドヴァイスを活かして再び演奏してもらったら、確かにより表現の幅が広がったように聞こえました。

お母さんも「よく先生から姿勢のことは注意されるんです。」と、アレクサンダー・テクニークに満足してくれました。的確なアドヴァイスができたと思い込んだこの新米教師は、女の子の笑顔が消えていたことに気づくのに、少しばかり時間がかかりました。

「この子には自分のやることを選択する権利がある。」そのことに思いが至った時には既に遅し。慌てて「自分のやりたいことは自分で決めることができるんだよ」と声をかけたり、「お父さんお母さんは、このことを決して強要しないでくださいね」とお願いしたりしましたが…

アレクサンダー・テクニークは、決して正しいことを見つけることではありません。当然、間違っていることを指摘することでもありません。あくまでも自分の望みを自分が選択したやり方で喜びを持ってやる、そんなメソッドだと僕は考えています。今回のことは、僕にとって忘れられない経験となりそうです。そのことを教えてくれた女の子に感謝します。

アレクサンダー・テクニークのお話その1 僕の先生はバジル

そもそもこのブログを立ち上げたのは、僕が考えるアクレサンダー・テクニークについて、じっくりとお話したくなったから。

みなさんは、「アレクサンダー・テクニーク」と聞くと、どんなことを思い浮かべますか。

ここ2,3年、僕の先生バジル・クリッツアーさんの並々ならぬ熱意からくる活動によって、飛躍的にこのメソッドの存在が広く知れ渡ることとなりました。僕の通っている音大でも、この言葉を聞いたことがない学生はほとんどいません。

そして、今まで苦しみや痛みを持って楽器を演奏していた人たちの多くが、彼によって救われたのはまぎれも無い事実です。

その多くは中高、音大生といった若い世代の人たちでした。というのも、バジルさん自身、若い時に楽器演奏をすることに、大きな苦痛を伴っていたからなのです。自分が経験したことと同じような苦痛を、もうこれ以上若い人たちに被ってもらいたくない、という大きな熱意があったからです。

僕たちが、バジルさんから直接教えを受ける際に、このことについて何度も何度も熱く語られました。ですから僕たちの多くも、この状況について必然と深く考えるようになりました。

彼のブログを読んでみてください。まずは「ビジョンとミッション」から読むことをオススメします。http://basilkritzer.jp/%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96/%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%AE%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

上野学園の学園祭で特別レッスンが受けられる!

僕が通っている上野学園大学の学園祭「櫻樹祭」がこの週末、11/4,5に開催されます。

今年サークルとして学内に「アレクサンダー・テクニーク研究会」を立ち上げました。

そしてそして!サークルの模擬店(!)として、ワンコイン(500円)特別レッスンを行います!  *11/4のみ 11:00~17:00

教師陣は、僕が通ったボディ・チャンス(アレクサンダー・テクニーク教師養成学校)の同期の皆さんです。

普段から、「練習でできることが本番で上手くいかない」とか「難しいところでついつい力が入ってしまう」とか「演奏を続けると痛みが出る」とか、何かにつけて、「疲れる、辛い、苦しい」と思いながらも頑張っている学生を多く見かけます。

そんな人のためにお役に立てばと思いこのレッスンをやることとしました。

学園祭ですから、学内学外問わず、どなた様でも受けられます。「アレクサンダー・テクニークって最近時々耳にするけど一体なんなの?」と思われてる方!ぜひこの機会にお越しください。

教師陣の詳細はこちら

【ワンコイン】楽器別アレクサンダー・テクニークレッスン【特別講座】